新築マンションか中古マンションか

>

新築か中古か住宅ローンにも違いがあった

マンション購入でおこりがちなトラブル

まずは新築マンションの起こりやすいトラブルは、眺めが素敵で購入したマンションなのに、目の前に新しく建物がたってしまう場合があります。
もし、不動産会社が、マンションの前に建物がたてられる事を知っていたとなれば損害賠償を求めることもできますが、購入の契約を交わしたあとに建物を建てる計画になった場合はできません。
後悔しないように、自分が購入するマンションの目の前に高い建物がたう可能性があるのかないのか用途地域は確認したほうがいいでしょう。
中古マンションで多いのは、設備の故障です。
設備の故障といっても引渡し直後の故障です。
瑕疵担保責任の期間内であれば、修繕費用を売主に請求することができます。
他には、ペット問題。
ペットを飼えるということで購入したのに、入居したあとに飼えないと判明することもあるようです。
そのような事のないよう事前に、仲介会社に管理組合に確認をとってもらいましょう。

マンション入居後の住民トラブル

住民トラブルの回避方法は、トラブルの有無や可能性を事前に調べておくことです。
トラブルになりやすいのは、音や共有部分の私物化などです。
中古マンションだと掲示板をチェックしたり、共有スペースをチェックしたり、管理人さんも実際話をしてチェックしておくといいでしょう。
また、購入予定の部屋の近隣状況も確認しておいたほうがいいでしょう。
では、新築マンションはどうやってチェックできるのか、という事になりますが新築マンションの場合、チェックはできないです。
予測として確認出来る方法は、ブランドの特徴を調べたり、インターネットで似た物件の情報を確認してみることがいいでしょう。
もし、トラブルが発生した場合は、直接話あうのではなく、まずは管理人さんに対応してもらうのは有効です。