新築マンションか中古マンションか

>

マンション購入諸費用

購入した時と、賃貸の場合の50年比較

賃貸は、引越の度に敷金・礼金・仲介手数料が数十万必要です。
また、引越しをしなかった場合は更新手数料が発生します。

購入の場合は、初期費用は数百万かかります。
例えば、頭金は価格の1割2割以上が目安になります。
頭金なしで買える物件もありますが、その分借入金額が増えるのでローン返済の負担が大きくなるでしょう。
また購入した家でも、長く住めば修繕費用がかかってきます。

住宅ローンを組んで購入した場合、ローン返済が終われば毎月支払うのは管理費などの諸費用のみですみますが、賃貸は家賃を一生払い続けます。

このことから、50年で総合住居費を比較した場合それほど変わらない計算になります。
ただ、賃貸は50年後には何も残らないということです。
購入は、家が資産として残ることになります。

老後費用

賃貸は初期費用が少なく、購入に比べて気軽に住み替えが可能ですが、老後の負担がかなり大きくなります。

例えば、ローン返済から80歳までの総住居費を比較したとき、購入した場合は600万くらいに対して、賃貸の場合は1750万になります。
差額は1150万にもなるのです。
ということは、ずっと賃貸で暮らすのであれば、老後の生活費プラス住居費も考えた貯蓄をしておかなくてはなりません。

このように賃貸は、若いうちはとてもラクだと思いますが、老後を考えるとやはり購入されるのが安心でしょう。
購入は、初期費用がかかるものの、ローン返済後住居費の必要がないのがメリットです。
自分の住まいの為の貯蓄を考えてみてはいかがでしょう。