新築マンションか中古マンションか

>

新築マンションと中古マンションを比較してみよう

新築マンションメリット・デメリット

まずメリットとしては、やはり全てが新しく、綺麗です。
また、新しい設備も整っているので嬉しいですよね。
耐震基準においても、現行の基準で建てられている為、安心ですし構造部分は10年保証がつけられています。
住宅ローンについても、借入期間からみても中古マンションより条件は有利で税制上の優遇措置も利用できます。
新築を購入したい際には、モデルルームで確認となりますが、完成前に有償でグレードアップできる場合があります。

デメリットとしては、中古マンションに比べて価格が高いことでしょう。
また、購入物件が建設中だった場合は完成イメージがピンとこないという面もあります。
コミュニティーは実際どのようになるのか、維持管理はどうなっていくのかなどは実際住んでみないとわからないことになります。

中古マンションメリット・デメリット

中古マンションは購入費用を抑えられるメリットがあります。
マンションの状態によってはリフォーム費用がかかったりするかもしれませんし、リノベーションを希望される場合は購入価格プラスで費用がかかりますが、新築マンション購入よりはお安くすむでしょう。

新築と違い先に入居されている方がいる為、コミュニティーや維持管理状態を確認することができます。

内見の時にチェックしてしたほうがいい事として日当たりは確認しましょう。
ゴミ置き場は掃除されているか、自転車置き場は整理されているか、廊下などの共用スペースに私物はないかなども確認したほうがいいでしょう。

このように中古については現物を実際確認することができるし価格も安いのがメリットですが、デメリットとしては、内装・設備が古いので修繕費用がプラスでかかることです。